看護師

突発性難聴は再発しない|早期発見を心がけよう

耳のトラブルありませんか

夫婦

自分の聴力を調べよう

高齢になると老眼が進んだり筋力が衰えるのと同じように聴力も低下していきます。老人性難聴は、はじめのうちは気が付きにくい症状です。繰り返し聞き返すことが多くなったり、テレビの音が知らないうちに大きくなっていることがあります。また、外出時の騒音の中での会話や、会議室のような囲まれた空間で話をすると音が反響してしまい聞き取りにくくなります。そんな時には補聴器を装用してみましょう。補聴器は難聴のレベルに合わせてさまざまなものがあります。軽度から中等度、高度、重度といった、聴力レベルを把握しないと正確な補聴器選びができません。まずは自分がどのくらい聞こえにくいのか防音室を設置している耳鼻科や補聴器専門店にて聴力検査を行いましょう。

耳鼻咽喉科へ相談しよう

難聴には、加齢からくる老人性難聴以外にもいくつか種類があります。生まれた時から聴力が弱い先天性の難聴や、コンサートや工場の騒音など長時間大きな音を聞き続けたことにより起こる外傷性難聴があります。先天性の場合には幼い時から補聴器の装用をしていきますが、外傷性の場合、安静にすることで聴力が戻る場合があります。突発性難聴やメニエール病からくる難聴は、補聴器装用の前に早急に治療を始めなければなりません。薬物療法や外科的治療で回復しない場合には補聴器が聴力をサポートします。耳のトラブルが起こった際には自己判断せず、まずは耳鼻咽喉科を受診しましょう。補聴器は修復しにくくなった聴力を補助するものと認識し、上手に付き合っていく必要があります。